Dscn4207建築模型のは様々な設計者の考えが入っている。似たような形、似たような仕様でも微妙に変化させている。
お客様が理解しにくい部分、お客様との会話で確認しておきたい部分
設計する人、営業の人、みな、お客様と打ち合わせするために住宅模型を使う。
よりよく理解しあうために。

だから、色をつけるポイント
作りこむポイント
1つ1つ微妙に違う

設計者、営業マンの言いたい事、お客様が疑問に思う処を汲み取って模型で表現する。

全部同じ仕様、同じ材料で作っても

全部違う

人の考えが100あれば、模型も100だ。